仙台アトピー相談室(鍼灸治療、漢方・ハーブ保湿)

土日・祝日も診療

※完全予約制

電話番号:022-216-2782
仙台市青葉区二日町13-30鈴木ビル3F
(地下鉄北四番丁駅南1から徒歩1分)

アトピー性皮膚炎の治療内容と治療法

治療内容

  • クリーム

    (1)アトピー肌の保湿・保護

    健康な皮膚は皮脂や汗の膜によって覆われ、バリアの働きをしています。このバリアが空気中の細菌やウイルス、ホコリなどが皮膚に侵入しないように守ってくれています。ところが、アトピー性皮膚炎の人は皮脂や汗の分泌量が極端に少なく、健康な人の皮膚に比べて非常に乾燥した状態になっています。そのため皮膚の防御が弱く、外からの細菌やウイルスなどの攻撃に耐えることができなくなっています。

    当治療院では、非常にデリケートなアトピー性皮膚炎の患者様向けに、何種類かの皮膚外用剤(薬ではありません)を提供しています。この皮膚外用剤は、漢方やハーブ・海藻・海塩・氷山海流深層水・野草の成分を中心にして作られており、皮膚の保湿・保護にとても優れ、皮膚のバリア機能や肌の結合を図り、皮膚にうるおいを与えて乾燥を防ぎます。

  • (2)自律神経のバランス調整

    アトピー性皮膚炎は自律神経の交感神経と副交感神経のバランスの乱れが原因の一つです。 かゆみや炎症のストレスを常に抱えていると緊張した状態が続き、交感神経が過剰に働き、血行障害が起きます。これを解消するためには、リラックス状態の副交感神経を活発に働かせてバランスをとることが大切です。

    当治療院では、交感神経と副交感神経の乱れを調整するため下記の方法を指導しています。
    ■ 入浴法:肌を清潔に保つ効果・リラックス効果
    ■ 深呼吸法:交感神経を落ちつかせる効果
    ■ 爪もみ療法:自律神経のバランスを整えて免疫力を上げる効果

  • (3)食事指導

    アトピー性皮膚炎を克服するまでは、極力動物性たんぱく質、乳製品及び甘いものの摂取を控えることがポイントになります。 肉、卵、乳製品は体内を酸性化し、アレルギー症状を悪化させます。

    当治療院ではアトピー性皮膚炎の患者様に玄米・菜食を中心にした食生活を提案しています。 玄米・菜食の食事は血液を浄化し、血流を増やして体温を上昇させる働きがあります。そのため基礎代謝が自然に上がり、肌の新陳代謝も活発化されてアトピー性皮膚炎の改善に効果があります。

  • (4)住環境改善の提案

    アトピー性皮膚炎は家の中のダニやハウスダスト、ペットの毛やフケなどが皮膚に付着したり、吸い込むことによってアレルギー反応を起こします。また、水道水の塩素も症状を悪化させます。

    当治療院では必要に応じて、日常生活のアドバイスや、塩素対策のグッズも紹介しています。

治療法

針治療は専用の針(はり)の接触刺激で経絡(ツボ)を刺激し、灸治療は火を使わない、心地よい温灸を使い温熱刺激で、経絡(ツボ)を刺激します。

針灸治療は、ともに身体にある経絡(ツボ)を刺激し自律神経のバランス、血液・リンパ・気の流れを整え、血行を促進させて本来持っている自然治癒力を高める治療です。

針灸治療は、体内循環が良くなるため、アトピー性皮膚炎の改善だけではなく、疲労回復はもちろん、病気や痛みを予防し、日々の健康維持にも効果的です。

針、灸のどちらも耐えられない痛みや熱さは伴いませんので、ご安心ください。

10種類以上の漢方ハーブを使った、当治療院オリジナルの保湿クリームやローションパックで肌をしっかりと守ります。殺菌作用もあるので患部の炎症や痒みを抑えてくれます。

ほとんどが天然の素材を使っている為、ちいさなお子様にも安心して使って頂けます。

pagetop